ご挨拶

この度、佐世保南ライオンズクラブの推薦により、2021年〜2022年度ライオンズ国際協会337-C地区ガバナーに就任させていただきました、久田 裕己でございます。

入会以来19年間ライオンズクラブメンバーとして先輩ライオン、会員の皆様のご指導を頂きながら奉仕活動に参加し、ライオンズ精神を学ばせていただきました。

私の大好きな言葉に「奉仕の先に友情がある」がございます。奉仕のために人が集まり、その活動を通して語り合い、行動をともにし、かけがえの無い友情が生まれ、その輪がさらに多くの奉仕と友情を生むというものです。

この2年間、志岐前ガバナー・髙野前ガバナーの元、ガバナーチームとして色々と学ばせていただきました。

まだまだ浅学菲才の身ではありますが、ガバナーチームとしての経験を生かしながら、337-C地区のより一層の発展、そしてひとりでも多くの方に「奉仕の先の友情」を実感して頂く為にも誠心誠意をもって務めさせて頂く所存でございます。

皆様方のご支援とご協力を心よりお願い申し上げます。

地区運営方針と目標

  1. 会員増強目標
    ・退会防止と会員維持
    ・各ゾーン3名以上、合計33名以上の純増
    ・長崎県西海市にLCを1つ作る
    ・支部結成(各Rに1支部、スペシャリティ支部等)
  2. LCIF目標
    ・地区全体で30万$以上の寄付を達成
    ・寄付と交付金を再理解する
  3. 奉仕目標
    ・クラブ奉仕活動と共に、地区奉仕活動を連携して行う
    ・佐賀県の社会福祉協議会と緊急支援に関する提携を結ぶ
  4. 指導力育成目標
    ・ライオンズを学ぶ会の創設とセミナー実施
    ・ガイディングライオンセミナーの実施(年6回以上)
    ・MyLion・MyLCI・サバンナ・Lion誌投稿等セミナー実施(毎月オンラインにて)
    ・他地区委員会との人的交流(アラート委員会・青年アカデミー委員会とか)
  5. オンライン会議
    ・オンライン会議システム(Zoom・connect)を利用し、可能な部分からWeb-meetingを実施する(例会・理事会・諮問委員会・地区各委員会)